株式会社坂本設計技術開発研究所は、自動車用プレス金型設計をはじめ、家電や文具,調理機器などの
プレス金型設計や、設計に関する業務を承っております。

プレス金型設計技術を基に、生産現場や金型製作現場,製品企画・開発など、
様々な ”モノづくりの現場” に協力・提案をさせていただいております。

プレス金型設計業務

板金プレス製品の工程計画

提示いただきます資料、製品データ、製品図,品質標準書,生産プレス機などの情報を基に、工程計画を行います。その際に、製品精度を守る工法と、製品生産時におけるご希望の必須条件を織り込み、検討・設計します。早い段階から様々な情報を集め、設計に織込むことで、製品の生産力向上を目指します。また、この段階で、加工力や金型構造のアウトラインを出すことにより、スムーズな金型製作を目指します。

★板金プレス製品の形状を開発段階から検討することで、安定した製品生産が見込めます。

加工要領図(DIE LAYOUT)作成

工程計画を基に、加工要領図を作成します。加工要領図では、製品成形のための造形,各プロファイル,トリムラインなどを設定し、各工程の加工指示を行います。また、使用するプレス機械や製品生産時の条件を踏まえ、ストロークや位置決め,搬入搬出などの金型構造を検討します。その際に生じた問題点や懸念事項などを早期確認、または検討依頼することで金型構造の設計と金型製作の良質化を図ります。

★加工要領図の設計段階で必要な情報を集め、金型製作時と製品生産時に想定される解決すべき課題を事前に漏れなく抽出します。その課題を解決する方法や対策をとることで、金型設計時に起きる問合せ回答待ち時間の削減を図ります。

プレス金型設計

株式会社坂本設計技術開発研究所の特長としまして、各工程の金型設計を行う上で、製品モデル(製品形状を手で触れる状態)を製作します。その製品モデルで形状を正確に理解し、鋼材の割り位置や強度,リフター設定位置や作業性などを確認し金型を設計します。

取り掛かる金型設計の順番や同時設計進行などのご要望もご相談ください。 株式会社坂本設計技術開発研究所では設計担当者間で、情報や注意事項,指摘事項などを横展開をすることで、お客(検図担当者)様の作業削減に努めます。また、お客様の設備(加工機など),金型設計資料(金型製作現場の技術)を理解・蓄積し、次回のご依頼に備えます。

 

★下記のプレス金型( 鉄板型,鋳物型 )の設計に対応いたします。

タンデム(単発)型マルチセット型、配列型、自動化機構 など
ロボット型ラインペーサ、アーム式タイプ など
トランスファー型小型~大型に対応可能、FINGERなどの搬送装置 など
ブランキング・プログレ(順送)型超小型部品にはご対応いたしかねますので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

プレス金型設計の様々なご依頼に対応

プレス金型設計の様々なご依頼に対応いたします

◆工程計画書作成のみのご依頼

◆工程計画書を支給された場合
   ⇒ 加工要領図のみ設計。
   ⇒ 加工要領図設計と造形モデリングデータ作成。
   ⇒ 加工要領図設計 (CAEデータ支給) のみ設計。
   ⇒ 加工要領図設計と全行程の金型設計。
   ⇒ 加工要領図設計と全行程の金型設計と付属品。
    (付属品:Finger,Idle,Common plateなど)

◆加工要領図を支給された場合
   ⇒ 1工程や複数の工程のみ設計。
   ⇒ 全行程設計。
   ⇒ 付属品( Finger,Idle,Common plateなど) のみ設計。
     ※こちらは関係する金型図面が必要となります。

など、上記以外にも様々な組み合わせでのご依頼も承っております。

詳細,価格,納期などについては、お気軽に専用フォームよりお問い合わせください。
【担当:松本(マツモト)】

その他の設計業務

プレス金型設計以外の業務も承っております。

単品(バラシ)図作成組立図面から各部品の単品図面を作成いたします
3D ⇒ 2D化三次元(3D)データを二次元(2D)図面データ化いたします
2D ⇒ 3D化二次元(2D)図面データを三次元(3D)データ化いたします
紙図面 ⇒ データ化(2D・3D)紙図面(手描き図面)を二次元(2D)図面データ化または三次元(3D)データ化いたします
現物 ⇒ データ化(2D・3D)現物(部品)を二次元(2D)図面データ化または三次元(3D)データ化 いたします
造形面作成(3D)製品成形時に設定する二次元(2D)データの造形面を三次元(3D)データ化いたします
単品モデル(3D)二次元(2D)組立図面から各部品の単品三次元(3D) モデルを作成いたします

など、上記以外にも設計や加工に必要な様々な業務も承っております。

上記についても、お気軽に専用フォームよりお問い合わせください。
【担当:松本(マツモト)】

CAD設計

2次元・3次元(CATIA V5等)設計どちらも対応いたします。

2次元(2D)設計
3次元(3D)設計

株式会社坂本設計技術開発研究所のプレス金型設計技術は、機械工業のサポート事業です。

金型設計・データ作成を通して、金型製作現場や生産現場のやり方・要望・作業性などを考慮し、
安全にしっかりと役割を果たす金型を作り出すことを目指します。

設計事例

自動車部品以外にも、弱電製品,農機具,鉄道,航空機などの板金部品も対応いたします。

自動車部品外板部品,準外板部品,エンジン系,足回り系,排気系,その他
弱電製品冷蔵庫,テレビ,温水洗浄便座,その他
農機具フロントメッシュカバー
鉄道部品車両内張
航空機 
その他室外機,調理器具,シンク,浴槽,コンセント,ガスタービン,ガスボンベの下部のハチマキ,屋根瓦,ガードレール,反転機,CAM(金型部品),その他